Shinanoya food & liquor

ウィスキー・ハードリカー・ワイン・こだわりの食品の情報をお届けします。

シャブリの一押し生産者-バイヤー横山-

2022.07.28
シャブリの一押し生産者-バイヤー横山-

今回のブログ担当者は…?

こんにちは!今回ブログを担当させて頂く自社輸入ワインバイヤーの横山と申します毎日暑い夏が続きますが、皆さまお元気ですか?私はいつも通り夏バテ中です。。こう暑いとプライベートでは冷たいお酒しか飲まないので、普段は白ワインやスパークリングばかり。 そんな私が今回お伝えするブログは弊社が15年以上に亘り輸入をしているシャブリの一押し生産者についてです。

ドメーヌ・ラウル・ゴートラン・エ・フィスについて

ドメーヌは1585年創業で現在はお父さんのアラン、お母さんのナタリー、息子のエイドリアンのご家族で運営される超老舗生産者。ちなみにドメーヌ名の「ラウル」はアランのお父さんのお名前です。

畑での作業を大切にする生粋のヴィニュロンであるアラン(写真右)と、いつもレスポンスの早い優しさ溢れるナタリー(写真真ん中)、早い行動力と対応力で若いエネルギーに満ち溢れたエイドリアン(写真左)の息のあったタッグによってワインが造られます。

暖かいご家族というのが画像からでもにじみ出ているように感じますが、美味しいワインが出来上がるのも納得の仲の良さです♪♪

最新の醸造設備を備えた醸造所

そして2018年には醸造所を一新し近代的な設備を整備。ワイナリーが代々大切にしてきた伝統的な栽培と醸造方法に加えて、最新の醸造設備を活用し素晴らしいワインを造り続けています。

我々も長年に亘り彼らのワインをテイスティングしていますが、醸造所を一新後の2019年以降味が一段、いや二~三段くらい本当に美味しくなっています♪

コンクリート型のタンクを導入して試作の醸造を行うなど品質向上に向けたあくなき追及心を感じます
グランクリュ、グルヌイユの畑

畑の多くはドメーヌから車で15分ほどのところにあり、スタンダードなシャブリから、1級畑のヴァイヨン/モン・ド・ミリュやグラン・クリュのグルヌイユやレ・クロなど幅広く所有しています。

ヴァイヨンの畑でお話を伺っているときにエイドリアンが「あれはラヴノーさんだよ」とたまたま通りがかった車を指さしていた時は、いちブルゴーニュワイン好きとしてとても興奮しました(笑)

現在ブルゴーニュは世界的に非常に人気の産地で、2021年の輸出量は金額・数量ともに過去最高!!日本もコロナ渦前の輸出量を超えておりアメリカ・イギリスに次ぐ3番目の市場となっていますが、ここ数年は天候による生産量の減少が続いており人気を満たすだけの供給がなかなかできていないところです。

特にブルゴーニュの白ワインは、赤ワインよりも生産量の減少幅が大きく日本市場の流通量も減少しているように感じます。 そこで注目されるのがブルゴーニュ北部のシャブリ。上質のシャルドネから造られる白ワインは弊社でも人気のワインの一つ。

コート・ド・ニュイやコート・ド・ボーヌの白ワインほど値上がりはしていないので、今本当に一押しの白ワインです。そんなゴートランのお勧めワインはこちら↓

オススメワイン

樹齢37年のシャルドネから造られ、収穫は全て手摘みで100%ステンレス醗酵。瑞々しくミネラル豊かなワインで、前菜などの軽いお料理だけでなく、魚介類とも相性の良いワインです。

シャブリ 1級 ヴァイヨン

樹齢は43年。シャブリの1級畑の中で最初に格付けされた人気の畑。シラン川をはさんだグラン・クリュの対岸に畑があり白い花や凝縮した柑橘系の果実の風味があり、繊細な味わいが楽しめます。

シャブリ 特級 レ・クロ

シャブリ グラン・クリュで間違いなく一番評価の高い畑。隣はロンデ・パギ、斜め上部はドーヴィサが所有する絶好の区画を所有しており、スケール感の非常に大きいワイン。是非豚や鳥など白身のお肉を使ったメインのお料理とお楽しみください。ブルゴーニュのグラン・クリュがこの価格で買えるのも今のうちかもしれません。

信濃屋一お勧めの生産者ドメーヌ・ラウル・ゴートラン・エ・フィス、是非一度お試し下さい♪♪私も2回ドメーヌに訪問しましたが、本当に暖かいご家族です。

SEARCH

ARCHIVES