Shinanoya food & liquor

ウィスキー・ハードリカー・ワイン・こだわりの食品の情報をお届けします。

ワイナリー訪問記@東北地方編(part①)-豊洲店 澤田

2022.06.01
ワイナリー訪問記@東北地方編(part①)-豊洲店 澤田

舞台は宮城県、今回の訪問者は…??

こんにちは!!豊洲店の澤田です最近週2日の休肝日を設けたことによってすこぶる調子がいいです♪おすすめです!!4/20~4/23にかけて山形と宮城に行ってまいりました!!素敵なワイナリーの見学をさせていただいたので、ご紹介いたします☺

廃校となった校舎の体育館を醸造施設として使用しています

About Fattoria AL FIORE-ファットリア・アル・フィオーレ-

4月22日(金)宮城県のファットリア・アル・フィオーレさんに到着です。宮城県川崎町で2015年からワインを造っています。ワイナリーの名は、代表の目黒 浩敬 氏が2002年仙台市内に開いたイタリアンレストランの名前から由来します。蔵王連邦の麓にある宮城県川崎でワインを造っている農場(Fattoria)に”一輪の花”を意味する(AL FIORE)が名前となっています。

2014年、最初の畑を開墾した川崎町安達の周囲は耕作放棄と過疎化が進んでいました。川崎町に志を持ったたくさんの人が集い、誰もが対等な立場で、自然の恵みをいただきながらものを創造し、その喜びをさらに多くの人と分かちあう状況をつくることを願い、立ち上げられたワイナリーです♪

そのワイナリーは、廃校となった校舎の体育館を醸造施設として使用しています。

母校の校歌は忘れました☺
天井が高く開放感があります

代表の目黒氏にお話を伺いました

ワインはブドウについている野生酵母を使用し、SO2は無添加。機械的な仕事はあまりしないようにしているとのこと。2015年にもブドウを植えていますが、まだリリースには至らず、まずはブドウに馴染んでもらうこと、ブドウそのものの体幹を大切にしたいとの考えで収穫は植えてから6年くらいで行う予定だそうです。

目黒さんはブドウの個性を大切にしています。その子に合わせた伸ばし方をしていきたいと考え、例えばヨーロッパ原産のヴィニフェラ種は外国人と同じなので、来日したてですぐ上手くいくはずはないので、そのためにクローン選抜をしています(おれ日本でもできるよ~☺って子を選んであげる)

買い付けブドウとはいえ栽培は自分たちも責任をもって管理されています。目黒さんはこう言います…農家さんとの繋がりは持ち続けたい。自社畑を増やしても買い付けはやめたくない。信念をもって取引を続ければ農家さんのモチベーションも上がり品質も自ずと上がると考えています。

ワイン造りとは地域が密接に繋がりあうものであり、ラベルに使用する和紙や建造物を建てる大工さんに至るまでワイン造りに関わりあう人たち全てがテロワール。ワインの裏側にある物語をワインを通して伝えたい。と語られておりました。

ワインは収穫のタイミングで出来上がったブドウの個性に合わせた仕込みをしています。ブドウをパクっと食べてみて、ステンレスタンクにするかアンフォラにするかなどを決めるのだそうです。(さらっとお話されていましたが、とんでもない味覚のセンス!)

奥にステンレスタンク/手前がアンフォラ

皆がワインを飲んで、それを美味しい~☺と思ってくれればそれでいい。こんな人が作ってて、このワインはこんな味だよ~という方がとても大切に思うとのこと。もちろん醸造方法や品種なんかも大事かもしれないけど、それらをこちらからアピールすることはしない。例えばネコちゃんのラベルを見て、わぁカワイイ♡ってジャケ買いして、それが美味しいならいいよね。

ワインのゴール(こういうワインを造ろうという)を決めない。ブドウに任せる。いいブドウが育っているからいいワインになる。それこそ野生酵母を使う理由。毎年味わいは変化するけど、芯の部分は変わらない。

色々試飲させていただきましたが、そのうちのひとつ。
イマジン(ネオ・マスカット50%/スチューベン50%)
NECOシリーズのsola(デラウェア)

アンフォラにブドウをホホホーイと入れて仕込んだそうです(笑)爽やかで優しい味わいです。もう片方は、NECOシリーズのsola。そらタンはとても賢い子で、いたずらしたときに「オレじゃないよー」って知らんぷりするそうです(笑)すごいカワイイですね♪

最後に…

アル・フィオーレさんのワインは毎日の洋服選びに近い感覚で楽しめるなぁと思いました。今日は暑いから半袖~etc…肌寒いからカーディガンetc…のように、日常に寄り添ってくれるような優しさを感じます。代表の目黒さんがものすごいほんわかしたお人柄で、何か浄化されるような気持ちになりました。ワインも同じように優しい味わいで、まさに癒し。初めての訪問でしたが、一瞬でファンになりました。

SEARCH

ARCHIVES